Helloの先へハロー

こちらに来て3ヶ月半。
子供たちの学校が始まって1ヶ月半。

この数日、ちょっとした変化を感じられるようになってきました。

上の娘は、毎日帰ってくると、今日はこんなこと言えたら周りが感心してくれたよ!と喜んで報告するように。
少しずつ、自分ができた=周りの反応も嬉しい→もっと話したい、という前向きスパイラルが動き出してきたようです。

ずーっと石橋をたたいていた下の息子は、最近、石橋が渡れるものだと気づいたようです(号泣)。
ほんのちょっとずつですが、今までは、本当にHelloとかHiとかOKぐらいしか口を開かなかったのが、幾つか文章になって出てくるようになってきました。

心配で心配でならなかった私たちも、ここに来て、ほんの少し胸をなでおろすことができました。

もちろん、語学は、いくつもの壁を越えて行かなくちゃいけないものですから、また近いうちに次のハードルがやってくるでしょう。

でも、最初のハードルは、これで超えられたかな。


a0288275_1173917.jpg

毎日、子供たち&スペイン人はお弁当を持って行きます。
上の娘の学校はアジア系も多いので、「ふつうの日本のお弁当」でも全く構わないのですが、下の息子はまわりがいわゆる白人だらけの学校で、まわりと違うのには抵抗があるようなので、

*サンドイッチ
*スナック(枝豆/ノンファットヨーグルト/フルーツゼリーのどれか)
*飲み物

をメニューにしています。

この日も、
野菜入り/パン粉入りの日本式のハンバーグ@トマトソースとあっさりコールスローのサンドイッチ
パンも自家製なので結構手間かけてますね。
ノンファットのグリークヨーグルト。
こちらのスーパーでは今やグリークヨーグルトがヨーグルト売り場の主流になっています。

サンドイッチはレパートリーが少なくマンネリになりがち。。。いい具材のネタがあったら誰か教えてください☆
[PR]
by nievestokyo | 2012-10-26 11:13 | NY生活
recipes, Spanish, Manhattan Life....