【NY電車で日帰り】スリーピー・ホローの旅

スリーピー・ホローと聞けば、


ジョニー・デップ主演の映画が頭に浮かぶ人が多いのでは。

元の原作は、「アルハンブラ物語」でも有名な小説家、ワシントン・アーヴィングの短編。
中欧ヨーロッパに散逸して伝わる首なし騎士の伝説から、アメリカのNY近郊に舞台を移して書かれたスリーピー・ホロウはマンハッタンから電車で1時間の町でもあります。

出発はいつものように、グランド・セントラル駅。
a0288275_11313880.jpg



ここで、メトロノース鉄道、Hudson LineでPhilipse Manor駅まで約1時間、
a0288275_11161038.gif


Philipse Manor駅を出て、急な階段を抜けると、瀟洒な邸宅の並ぶ高級住宅地がひろがります。
良く手入れされた美しい前庭の並ぶ家々を眺めつつ、5分も歩くとスリーピー・ホロー墓地に到着。
a0288275_11253682.jpg


アメリカを代表する著名人が眠る広大な墓地で、入り口ではちゃんとマップももらえます。
日没から墓地めぐりツアーもあるそうですよ。
a0288275_1124929.jpg


ここでは
エリザベス・アーデン
クライスラー家
ロックフェラー家
アンドリュー·カーネギー
そしてワシントン・アーヴィングといった、私たちも知っている著名人の名がズラリ。
由緒ある広大な墓地ですが、中の景色も趣があります。
a0288275_11295980.jpg



端まで着くと、オランダ時代の教会と古い墓地群
a0288275_11212199.jpg

a0288275_11183997.jpg


そこを出ると、首なし騎士の橋からBroadwayに出ます。
Broadwayといっても、モニュメント以外、特に見所はないのですが、
a0288275_11341149.jpg


すぐ近くに、植民地時代の荘園屋敷やロックフェラー家の豪邸があり、有料ですが見学することができます。

私たちはここから、ただの車道といった感じのBroadwayから1本平行に走るWashington Stを歩きながらTarrytownに向かいます。
15分も歩けば、TarrytownのMain Street。
あいにくの雨模様だったせいか、ここまで歩行者は、私たちと、すれちがったエホバの証人?の勧誘の人たちのみ。NYを出ると歩いてる人は少ないですよね。

ここはこじんまりしたメインストリートですが、お洒落なビストロやグルメショップが併設されたブランチカフェなどが並んでいて、おススメです。

Tarrytownは先ほどのHudson Lineの急行停車駅なので、グランドセントラルまで30分ほどで戻ることもでき、気軽な一日旅です。
[PR]
by nievestokyo | 2013-05-29 11:44 | NY観光
recipes, Spanish, Manhattan Life....