スリーピー・ホローと聞けば、


ジョニー・デップ主演の映画が頭に浮かぶ人が多いのでは。

元の原作は、「アルハンブラ物語」でも有名な小説家、ワシントン・アーヴィングの短編。
中欧ヨーロッパに散逸して伝わる首なし騎士の伝説から、アメリカのNY近郊に舞台を移して書かれたスリーピー・ホロウはマンハッタンから電車で1時間の町でもあります。

出発はいつものように、グランド・セントラル駅。
a0288275_11313880.jpg



ここで、メトロノース鉄道、Hudson LineでPhilipse Manor駅まで約1時間、
a0288275_11161038.gif


Philipse Manor駅を出て、急な階段を抜けると、瀟洒な邸宅の並ぶ高級住宅地がひろがります。
良く手入れされた美しい前庭の並ぶ家々を眺めつつ、5分も歩くとスリーピー・ホロー墓地に到着。
a0288275_11253682.jpg


アメリカを代表する著名人が眠る広大な墓地で、入り口ではちゃんとマップももらえます。
日没から墓地めぐりツアーもあるそうですよ。
a0288275_1124929.jpg


ここでは
エリザベス・アーデン
クライスラー家
ロックフェラー家
アンドリュー·カーネギー
そしてワシントン・アーヴィングといった、私たちも知っている著名人の名がズラリ。
由緒ある広大な墓地ですが、中の景色も趣があります。
a0288275_11295980.jpg



端まで着くと、オランダ時代の教会と古い墓地群
a0288275_11212199.jpg

a0288275_11183997.jpg


そこを出ると、首なし騎士の橋からBroadwayに出ます。
Broadwayといっても、モニュメント以外、特に見所はないのですが、
a0288275_11341149.jpg


すぐ近くに、植民地時代の荘園屋敷やロックフェラー家の豪邸があり、有料ですが見学することができます。

私たちはここから、ただの車道といった感じのBroadwayから1本平行に走るWashington Stを歩きながらTarrytownに向かいます。
15分も歩けば、TarrytownのMain Street。
あいにくの雨模様だったせいか、ここまで歩行者は、私たちと、すれちがったエホバの証人?の勧誘の人たちのみ。NYを出ると歩いてる人は少ないですよね。

ここはこじんまりしたメインストリートですが、お洒落なビストロやグルメショップが併設されたブランチカフェなどが並んでいて、おススメです。

Tarrytownは先ほどのHudson Lineの急行停車駅なので、グランドセントラルまで30分ほどで戻ることもでき、気軽な一日旅です。
[PR]
by nievestokyo | 2013-05-29 11:44 | NY観光



今、マンハッタンのそこら中にこのレンタサイクルステーションが設置中です。

これは、シティバンクがすすめているNYのレンタサイクル、citibike

開始までもうすぐらしく、街を歩いていると、ぽこぽことステーションが出来てきているのが目につきます。
a0288275_9555432.jpg

a0288275_9555559.jpg



1日もしくは7日の間借りる事ができて、コードを入力することで解錠、返却する時は、何十と設置されたステーションのどこででも返す事ができるんですって。同じところに返さなくてすむのなら、観光にも使いやすいですね。

東京では毎日自転車に乗っていた私ですが、マンハッタンでは、まだ乗った事がありません。
大きなアベニューには自転車レーンもあるのですが、なんといっても

車→歩行者優先とか自転車に目を配るなんて気配が全くない&
自転車の人→レース??ってくらい猛スピードで駈けていくので、

かなりハードルが高かったのです。

このcitibikeが普及して、自転車層が増えれば、もっと動きやすい街になるかもしれません。
お天気のいい日は、citibikeでマンハッタンの観光はひとつの名物になるかも。
[PR]
by nievestokyo | 2013-05-11 12:14 | NY観光

The Cloisters

中世の修道院。何百年の歴史を感じます。。。。
a0288275_2214313.jpg


でも、ここ、ヨーロッパではありません。
中世の頃には修道院文化ではなく、ネイティブインディアンの土地だった、アメリカ、そして、マンハッタンです。

義父母とのNY観光、この日は私もまだ行った事のなかったマンハッタンの北端、The Cloistersです。

アメリカ様、ロックフェラー様は自分たちの国になかった中世キリスト教文化を、移築という形で持ってきました。まるで昔からそこに建てられたかのような風格でたたずむ修道院ですが、フランスの複数の修道院の回廊をバラバラにして運び込み、再建築したもの。
というわけで、とってつけた修道院とそのまわりの保存地区ですが、この眺めはとっても素敵です。


現在、ここはメトロポリタン美術館の別館になっていて、中にある貴重な中世のコレクションを楽しむ事ができますが、私たちは外側のフォート・トライオン・パークのお散歩を楽しみながら、公園内にあるレストラン、New Leafでお食事をしました。

このレストランもまた、まるでヨーロッパの田舎の村の気持ちのよいレストランって趣で、訪れてみると40分待ちでしたが、電話番号を伝えておいて、その間に園内の散策をして時間をつぶすことができるので入る価値はありますよ。

a0288275_22132211.jpg

ランチの時間帯なので、メニューはこちらのいわゆるブランチスタイル。
卵料理とかバーガーなどがワンプレートになっていて、ここではコーヒーとジュースが付いて19ドル。義父母はあくまでランチが正餐の国の人たちなので、もちろんワインとデザートをつけましょうと。

お腹いっぱいになったら、春の野花でいっぱいの庭園と、ハドソンリバー側の景色をみてミッドタウンの喧噪に戻ります。
a0288275_22443224.jpg


a0288275_22341949.jpg



ここは、ワシントンハイツというマンハッタンの北にある地区。
190丁目のあたりで、ミッドタウンからはだいぶ離れています。
ここもミッドタウンからはM4という市バスから乗ると、約1時間ほどかかりますが、マディソンアベニュー〜アッパーイーストサイド〜ハーレムを通っていくルートなので、マンハッタンの、「通りを隔てるとそれぞれの地区の特徴ががらっと変わる」部分を車窓から眺めながら着けるので、これまたおススメルートです。
[PR]
by nievestokyo | 2013-04-04 22:48 | NY観光
recipes, Spanish, Manhattan Life....