肉か魚かデトックスか

a0288275_12555655.jpg


基本的に肉食人種の我が家はお肉メインの日がほとんど。

魚は好きだけど、NYでは、肉の値段<魚の値段 でその値段差が大きいのです。
つまり、肉は安く、魚が高いので、メニューも必然的に

月:鶏肉、火:豚肉、水:牛肉、木:なんでもいいけど肉。。。。と続きます。

そこで、こちらに来てからは、

意識的に週1回は肉も魚も摂らない日、というのを設けています。

その日はもっぱら豆腐をメインに持ってきて、

お肉なしの麻婆豆腐とか、揚げ出し豆腐とかにすることが多いのですが、

今日はこんな献立にしてみました。


スープは大きいマグにたっぷり。ローストパプリカとトマトのポタージュです。

サラダは、NYでよく見かける、ケールのサラダ。
日本にいる間はケール=青汁のイメージしかなかったのですが、こちらでは、スーパーでもデリでも良く見かけます。

茎の部分は固いので、葉っぱをむしり取って、オレンジとくるみも入れてみました。
ドレッシングは、オリーブオイル、シェリービネガー、ひとつまみの塩と、メープルシロップ。
ケールに苦みがあるので、オレンジとメープルシロップの甘みがとても良く合います。
ドレッシングにメープルシロップ、おススメです。

うずらの卵みたいなのはミニサイズのモッツアレラ。子供たちの大のお気に入りです。
食べやすいサイズって大事ですね。

それから、実はひそかにメインなのが、自家製のトマトブレッド。
HBで焼きあげまで自動でつくってしまいますが、水分の代わりにトマト缶にして、バターの代わりにオリーブオイルでイタリアンなパンです。
中にオリーブ、チーズ(いろんなチーズを入れるとさらに美味しい)などの具がたっぷり入って風味豊かなパン。
このパンは本当にそれだけで美味しいので、これをワインのおつまみにしたり。

たくさんの野菜もとれて、体にも美味しいデトックスメニューです。
[PR]
by nievestokyo | 2013-01-30 13:09 | レシピ

やっと自信が

スペイン人と結婚して十数年、よく聞かれるのは
『パエリアとか作れますか?』

スペイン料理って色々あるけど、基本的には難しくはないものばかり。
むしろ、煮込みにしてもローストにしても、
香味野菜炒めて、メインの具材を投入して、ワインかブイヨン入れて圧力鍋コースかオーブンでローストコースってな感じで、行程もシンプル。調味料もシンプル。

でも、難しいのは、仕上がりの「加減」。
その加減が一番現れるのがトルティージャ(スペインオムレツ)とパエリア。

どっちも火加減と塩加減、この案配がちょうど良くないと美味しくしあがらない。
焼き過ぎのオムレツより、中がすこーしとろっとしていて、でも卵が流れ出るほどの生ではないトルティージャの方が美味しいし、
パエリアはお米がべちゃっとなりすぎず、かといって芯が残るほどでもない程度にしながら水分を蒸発させていくのはなかなか難しいのです。

トルティージャは義弟夫婦のところで働くシッターさんからあるコツを教えてもらって何年か前から割と失敗なくできるようになりました。

でもパエリアは作るたびに出来具合にムラがあって、なかなか自分で『コレだ!』というものは出来なかったんだけど、、、、

ようやく満足できるところにやってきました。
a0288275_12561244.jpg


今日のはえのきたっぷりのパエリアにあらかじめ焼いておいたステーキを並べて仕上げたもの。
a0288275_12572961.jpg


ここまでたどり着くのに10数年って、、、かかりすぎ。
[PR]
by nievestokyo | 2012-12-03 13:01 | レシピ

画像

週末は子供二人のバレエの発表会。

たくさんのお友達にも来てもらって、お花やプレゼントをたくさんいただきました。

花瓶なんて一つしかないので、家にあるありったけの瓶やボウル、小麦粉がふだん入っているのや塩麹なんてラベルがついているのも総動員してリビングが華やかになりました。

画像画像画像画像

こうして応援してもらった子供たち、親ばかですが、二人とも完璧じゃないの?っていうぐらいミスもなく終わる事ができました。このために週に4日も5日も頑張った半年間、実りの多いものになったと感じます。

さて、この間、イタリア人&日本人ファミリーのお宅で教わった感動うまうまレシピから、お家で再現!

画像

焼いた筍を溶かしたブルーチーズで和えるもの。ただそれだけなのに、これがとっても美味しくて。

我が家ではかさましも兼ねて、アスパラとクルミを足して、ブルーチーズを溶かす時に少し白ワインも加えてみました。

う〜ん、お皿に残ったほんのちょっぴりのチーズソースをきれいにパンで拭ってしまうほど美味しい!

こういうチーズの上手な使い方、さすがだな〜♫簡単で美味しいレシピを教えてもらえるのってとっても嬉しい♪

ゴールデンウィークも前半は発表会、間の二日間は学校もフツーにあって、後半戦は。。。

私と子供二人で大冒険へ出発!!

さあ、どうなるかな〜〜
[PR]
by nievestokyo | 2012-05-01 13:05 | レシピ



普段は懸賞とかプレゼントに応募というのはあまりしないタチなんですが

子供たちが、どうしてもやりたい!というのと、

ポイントさえ集めれば全員に当たるタイプのものだったので、

パスコの春のキャンペーン、リサとガスパールのシリコンスチーマーに応募してみました。

せっせと毎日パスコの食パンかイングリッシュマフィンを買って1ヶ月。

思ってたよりあっという間にポイントがたまって、ハガキを投函。

画像

ちっちゃーいスチーマーが届きました♫

15cmもあるかな。。。

ルクエも持ってないので、これが初シリコンスチーマー。

だけど、おかずを作るにはあまりにも小さいし、とりあえずは添付されていたジャムのレシピからイチゴ&ブルーベリーのジャムを作ってみました。

私にしては珍しく(?)、きちんと材料をグラム単位で計って、、、、レンジに入れて、、、、

画像

こ、これだけ??

家族4人の1回分に足りるかどうかの量。使い切りサイズなのね。

あまりのショボさに、う〜ん、と悩んでから思いついたのが、

最近タベラッテでみた、アメリカに住む、お料理もお姿も素敵な、RUNEさんの

バター不要ふんわり簡単☆苺マフィン

これならイチゴジャムは少量で、そのほかに生のイチゴを入れて出来る見るからに美味しそうなマフィン。

バターを使わない事も私の好みなので、迷わずチョイス。

RUNEさんは色んなレシピサイトでも上位に輝く有名ブロガーさんで、彼女のレシピなら美味しいに決まってます☆

作ってみたのがトップの写真です。

なぜか1/2本余ってたバナナも入れてみましたが、本当に美味しいマフィン♫
生のフルーツが苦手な娘もこれなら美味しいといってくれました。

RUNEさんの素敵なレシピはコチラから
a0288275_5531124.gif

[PR]
by nievestokyo | 2012-04-24 12:04 | レシピ

画像

こんな素敵なお花のアレンジをゲストから頂いた今週末。

最近は、ラストスパート(?)でお客様をすることが多いです。

今回も、来てくれたのは子供たちも親たちも気のおけない間柄のすごくお洒落なファミリー。

何回してもいまだに段取りが悪くて、また写真をとるのを忘れてしまった(泣)。準備の時はそれどころじゃないし、いざ始まったら飲んで食べてにまわってしまってカメラどころじゃなくなっちゃう私。。。このへんがちゃんとブロガーを名乗れない理由かな。。。

スタートは、

*アボカドと豆腐でオードブル

*ディルサーモンのチコリボート

*ドラゴンフルーツ、グレープフルーツとクルミのサラダ

それから、

画像

これ、何でしょう?

一瞬、カップケーキだけど、これはマッシュポテト。

そしてその中は焼いたミートローフが。

皆の大好きなちょっぴりカレー&ケチャップ味のひき肉とポテトの「おかずカップケーキ」♪

たくさん作れて華やかなのでとってもおススメです☆



a0288275_553985.gif
ミートローフdeカップケーキ

*マッシュルームのペースト

*牛肉の赤ワイン&トマト煮

*2種のパスタ (焼き茄子のペーストクリームとアーモンド)

それから定番のチーズケーキ。これはいつも作りすぎて、大体翌日も翌々日も朝ご飯にケーキを食べ続ける羽目におちいる。。。今度は半量にしてみよう。。。

残り物だけ集めて証拠写真がわり☆

画像

またまたいっぱい食べて、飲んでの楽しい週末でした。
この10年の間にいいお友達に恵まれたなー☆と夫婦で改めて感じる最近です。
[PR]
by nievestokyo | 2012-04-23 04:04 | レシピ

my タベラッテのページ


[PR]
by nievestokyo | 2012-02-12 02:02 | レシピ

前にもここで取り上げたタベラッテ、昨日はケーキをupしました。

すると、

なんと!

なんと!



きゃー!!デイリーランキングで6位!!

すごい快挙です。ここ数年の私の人生の中でもかなり上位の快挙!(←大げさ)

あっという間に落ちてしまいそうなので、すかさずプリントスクリーンしました。

それも上下に話題の塩麹とこれまた美味しそうな焼きドーナツに挟まれて、何とも素朴なケーキが入ってるじゃありませんか!

今から十数年前、『ボクハ ケーキヅクリガ トクイデス』とたどたどしい日本語で言っていたスペイン人がしょっちゅう作っていたこのケーキ、

もともとは彼のおばあちゃんのレシピでした。手書きのメモのようなレシピを大事にとって本にはさんでいたのを覚えてます。

そのケーキが、いつのまにか私の手にわたり、形が角型から丸へ、粉の分量が変わり、アーモンドが入り。。とだんだん形を変えながら、でも素朴な味はそのまま。

翌日はしっとりしてさらに美味しくなるので、良かったら試してください。

バター不使用☆ヨーグルトアーモンドケーキ のレシピ|タベラッテ
[PR]
by nievestokyo | 2012-02-10 00:02 | レシピ
recipes, Spanish, Manhattan Life....